ご案内

Once a trumpeterのページへようこそ。

ナチュラルトランペットやコルネットなど金管古楽器の話題が大半ですが、たまにそれ以外のことも思いつくままに記事にしています。

以下の話題については目次がありますので関心のある方はご活用ください。

 ・ナチュラル/バロックトランペットに関する記事

 ・コルネット(木製古楽器)に関する記事

 ・ナチュラル/バロックトランペットのCDレビュー

 ・コルネットCDのディスコグラフィ

どうぞゆっくりご覧ください。

=========================================================

Welcome!  Once a trumpeter, always a trumpeter.

Please click the following links to the Index pages for CD discography.

  - Natural Trumpet / Baroque Trumpet CD review

  - My Cornetto CD discography

| | コメント (0)

2021/04/28

Bruce Dickey のインタビュー


先日、HBS (Historic Brass Society) がオンラインで開催した、コルネットの第一人者Bruce Dickey へのインタヴューがYouTubeで公開されている。(リンク先はこちら

司会はトランペット奏者かつHBS役員のStanley Curtis。
100分を越す長さなので全部を見るのは大変という人向けに、僕が見て面白かったところをかいつまんで紹介しよう。


インタヴューはまずBruce Dickeyのコルネット奏者としてのこれまでの経歴や音楽活動の話から始まるが、40:00くらいからリサーチの話題に移る。

 コルネットが活躍していた17世紀から現存するオルガンなどの楽器、アーカイブスに残っている当時の楽譜、これらの現物に直接触れてその匂いを嗅ぎ、当時の奏者や作曲家に思いを馳せる(インスパイアされる)ことの重要性は大きい、とBruceは言う。これははるか東洋に暮らしている我々には叶わない贅沢だけれども、実際自分の体験でもそう思う(チェコのクロムニジューシュでビーバーやシュメルツァーの譜面を見たときの感動は忘れられない)し、同様の思いをした方は多いだろう。Bruceは「いつも夢見ているんだけど、1610年か1608年頃のヴェニスのサン・マルコ寺院にタイムスリップして、20分でいいから当時の演奏が聴けたらどんなにかいいだろう。多分すごい面食らうだろうけどね」とも言っている。それができないから、いろんな資料や材料をパズルのピースのようにつなぎ合わせて当時を再現する、その飽くなき好奇心がとても大事だということだね。


1:05:00 - バロック演奏のアーティキュレーションについて。
 モダン奏法の代表例として、まず古楽奏法という概念がほとんどなかった時代の(かの有名な)アメリカ3大メジャーオケによるジョバンニ・ガブリエリのCanzon primi toni の演奏(1968年)を紹介し、続いて、近年では同じ曲の同じモダン楽器の演奏でありながらも古楽らしい演奏がなされるようになった例として、なんと日本の松ヶ丘女子高の演奏(2017年のアンサンブルコンテスト)が引用されている。Bruceはfabulousと言って絶賛しているが、実際素晴らしい演奏だと思う。

1:09:00 - コルネット演奏の究極の形は声楽を模倣すること。
 A.ガブリエリのCaro dolce ben mio (オルガン伴奏のコルネットソロ)や最近のBreathtakingのCD(ソプラノのハナ・ブラジコヴァとの共演)などのBruceの演奏を聴きながら、同時に楽譜を参照しつつ、イタリア語をいかに音に載せるか、声楽を模倣するとはどういうことかの実例を示してくれる。とてもわかりやすい。

1:21:00 - Q&A タイム
 参加者からいくつか質問があるが、1:25:00あたりにコルネットメーカーについての質問に対して、Bruceは以下の通り回答している。
「今は北米にもヨーロッパにも多くの優れたメーカーがある。例えば、
- Matthew Jennejohn(カナダ、モントリオール)
- Paolo Fanciullacci(イタリア)
- Selge Delmas(パリ)
- Damien Bandonnet(リヨン)
- Andrew Hallock(オランダ)
- Sam Goble(ケンブリッジ)
- Ricardo Simian(バーゼル)
なんかかな。
Ricardoは3Dプリンターで楽器を作っているけれど、ちゃんと使い物になる。サイトからも注文できるし」

なるほど。僕も知らないメーカーがいくつかある。

 以上の他にもコルネット吹きには興味深い話がたくさんあるので、時間のある方は全編ご覧になることをおすすめします。

| | コメント (0)

2021/04/12

記事が溜まってきた

ナチュラル/バロックトランペットCDのレビュー、久しく更新してなかったからだいぶ溜まってきている。
そろそろ手をつけないといけないかな。

| | コメント (0)

2021/03/19

(CCD347)Nature's Secret Whispering (Concerto Palatino)

Ccd347a Ccd347b

Nature's Secret Whispering
 - Music in the Cosmology of Johannes Kepler

Concerto Palatino

 

<contents> (with cornetto only)

1. Tui sunt coeli a8 (Orlando di Lasso)
2. In me transierunt a5 (Lasso)
4. Deus misereatur nostri a12 (Andrea Gabrieli)
5. Beati quorum remissae sunt a6 (Andrea Gabrieli)
6. Jubilate Deo a12 (Hans Leo Hassler)
9. De profundis clamavi a10 (Lambert de Sayve)
10. Astron (Calliope Tsoupaki)
11. Intrada and Canzon a5 (Erasmus Widmann)
12. O quam suavis est a12 (Lambert de Sayve)
13. Emendemus in melius a6 (Andrea Gabrieli)
14. Laudate Dominum a7 (Annibale Perini)
16. Aurora lucis rutilat a10 (Orlando di Lasso)
17. Regna triumphalem a12 (Lambert de Sayve)

<player information>

cornetto: Bruce Dickey 
with: Hana Blazikova (soprano), Veronika Skuplik (violin), Charles Toet, Simen van Mechelen, Claire Mcintyre, Joost Swinkels (trombone), Kris Verhelst (organ), etc.

<recording information>

Label: Passacaille   PAS 1073
recording: 2019  Antwerp (Belgium)

go to Cornetto CD Index

 

| | コメント (0)

(CCD346)Cavalieri Imperiali (In Alto)

Ccd346a Ccd346b

Cavalieri Imperiali
 - Zenobi & Sansoni, The Great Cornetto Masters

In Alto

<contents> (with cornetto)

1. Concupiscendo concupiscit anima mea (Roland de Lassus)
2. Ancor che col partire (Rore - Riccardo Rognoni)
3. Sonata Decima settima (Dario Castello)
4. Cor mio (Luzzasco Luzzaschi)
5. Sonata terza a6 (Giovanni Priuli)
6. Madonna mia pieta (Lassus - Emanuel Adriaenssen)
7. Sonata a4 (Giovanni Valentini)
9. Sonata detta la Carolietta (Johann Heinrich Schmelzer)
10. Ricercar 1 (Ascanio Mayone)
11. Sonata Ottava a6 (Massimiliano Neri)
12. Sonata Quarta (Giovanni Battista Buonamente)
13. Sonata II a8 (Johann Heinrich Schmelzer)
14. Vespere autem sabbati (Vincenzo Ruffo)

 

<player information>

cornetto: Lambert Colson, Josué Meléndes Pelàez
with: Marie Rouquie, Gabriel Grosbard (violin), Guy Hanssen, Susanna Defendi, Charlotte Van Passen, Bart Vroomen (sackbut), Anais Ramage (bassoon), Edouard Catalan, Ronan Kernoa (bass violin), Pierre Gallon (cembalo), Marc Meisel (organ)

 

<recording information>

Label:  Riercar  RIC 419
recording: 2019  Bolland (Belgium)

go to Cornetto CD Index

 

| | コメント (0)

2021/03/18

(CCD345) Music for Windy Instruments (The English Cornett and Sackbut Ensemble)

Ccd345a  Ccd345b

Music for Windy Instruments
 - Sounds from the Court of James I

The English Cornett and Sackbut Ensemble

 

<contents> (with cornetto)

1. Saltavan ninfe (Orazio Vecchi)
2. In te Domine speravi (Orlando de Lassus)
3. Quoniam fortitudo mea (Orlando de Lassus)
4. Interderte speranze (Alfonso Ferrabosco I)
5. Talche, dovunque vo (Luca Marenzio)
7. Pavan (Augustine Bassano)
8. Almain (Thomas Lupo)
9. Almain (Jeronimo Bassano)
10. Almain (Alfonso Ferrabosco II)
11. Mon coeur sa recommande a vous (Lassus)
12. Ove tra I’herba (Giovanni Croce)
15. Gitene, canzonette (Orazio Vecchi)
17. Se lungi dal mio sol (A. Ferrabosco I)
18. Sola voi no’l sentite (A. Ferrabosco I)
19. Fece da voi (Peter Philips)
21. Un pastor chies’ad una ninfa amore (Giovanni Ferretti)
22. Dolc’amorose e leggiadrette ninfe (Giovanni Ferretti)
23. Air (John Adson)
24. Almain (James Harden)
25. Almain (Anonymous)

 

<player information>

cornetto: Gawain Glenton, Conor Hastings, Andrea Inghisciano, Nicholas Perry
with: Emily White, Tom Lees, Catherine Motuz, Adrian France (sackbut), Silas Wollston (cembalo, organ)

 

<recording information>

Label:  Resonus Classics  RES10225
recording: 2018  Stroud (England)

go to Cornetto CD Index

 

| | コメント (0)

(CCD344) The Splendour of Venice (La Pifarescha)

Ccd344a Ccd344b

The Splendour of Venice
 - Renaissance & Early Baroque Music for Cornetts, Violins & Sackbuts

La Pifarescha

 

<contents> (with cornetto only)

1. Canzon primi toni a8 (Giovanni Gabrieli)
2. La Serafina a4 (Pietro Lappi)
4. Canzon Trigesimaprima a8 (Sebastiano Chilese)
5. L’accorta a4 (Gioseffo Guami)
6. Veni de Libano (Lucio Barbieri)
7. Sonata Decimasettima a8 (Cesario Gussago)
10. La Guamina (Gioseffo Guami)
11. Canzon VI a7 (Giovanni Gabrieli)
12. Canzon Vigesimaquinta a8 (Gioseffo Guami)
13. Cantate Domino (Claudio Monteverdi)
14. Canzon Octava a6 (Biagio Marini)
15. Sonata Quarta (Giuseppe Scarani)
16. Sonata a8 (Francesco Usper)

<player information>

cornetto: Josué Meléndes Pelàez, Andrea Inghisciano, Doron David Sherwin 
with: Anais Chen, Eva Saladin (violin), Ermes Giussani, Corrado Colliard, Manro Morini, Elina Veronese, David Yacus, Fabio Costa (sackbut), Vittorio Zanon, Francesco Moi, Luigi Panzeri (organ) 

<recording information>

Label: Pan Classics  PC10404
recording: 2017  Bergamo (Italy)

go to Cornetto CD Index

 

| | コメント (0)

2021/03/17

(CCD343)Tempesta di passaggi (I Cavalieri del Cornetto / Andrea Inghisciano )

Ccd343a Ccd343b

Tempesta di passaggi

I Cavalieri del Cornetto

 

<contents> (with cornetto only)

1. Vestiva i colli (Palestrina - Francesco Rognoni)
2. Sonata Prima (Giovanni Battista Fontana)
3. Sonata Prima (Dario Castello)
4. Ancor che col partire (Rore - Riccardo Rognoni)
5. Canzon Decimaottava (Claudio Merulo)
6. Capriccio Fra Jacopino sopra l’Aria di Ruggiero (Girolamo Frescobaldi)
8. Ricercata in Battaglia (Aurelio Virgiliano)
9. Oncques amour (Crecquillon - Inghisciano)
10. Sonata Seconda (Dario Castello)
11. La Rose (Willaert - Dalla Casa)
12. Frais et gaillard (Clemens non Papa - Dalla Casa)
13. Aura soave (Luzzasco Luzzaschi)
14. Sonata Quarta (Giovanni Battista Fontana)
15. Angelus ad pastores (Rore - Giovanni Battista Bovicelli)
16. If Spirtillo Brando (Andrea Falconieri)

 

<player information>

cornetto: Andrea Inghisciano
with: Maria Gonzalez

 

<recording information>

Label: Arcana  A120
recording: 2016 Luco (Italy)

go to Cornetto CD Index

 

 

| | コメント (0)

(CCD342) Johan Daniel BERLIN (Norwegian Baroque Orchestra)

Ccd342a Ccd342b

Johan Daniel BERLIN & Johan Heinrich BERLIN

Norwegian Baroque Orchestra

 

<contents> (with cornetto only)

4 - 6. Sinfonia a5 for Cornetto and strings (Johan Daniel Berlin)

<player information>

cornetto: Alexandra Opsahl

with: Gottfried von der Goltz (leader, violin) etc.

<recording information>

Label: Simax  PSC1331
recording: 2013 Oslo (Norway)

go to Cornetto CD Index

 

 

| | コメント (0)

(CCD341) Concerti Curiosi (Charivari Agréable)

Ccd341a Ccd341b

Concerti Curiosi

Charivari Agréable

<contents> (with cornetto only)

7 - 9. Sinfonia a5 for cornett (Johan Daniel Berlin)
19 - 21. Sonata for cornett and strings (Pietro Baldassari)

<player information>

cornetto: Jamie Savan

with:Kah-Ming Ng (conductor)
Persephone Gibbs (violin) etc.

<recording information>

Label: Signum Classics  SIGCD249
recording: 2010 Toddington (England)

go to Cornetto CD Index

| | コメント (0)

2021/01/31

NML 初期バロックシリーズ(楽譜)のこと

ブラスアンサンブルでよく演奏される昔の曲と言えばジョバンニ・ガブリエリのものがおなじみだが、ガブリエリと同じ時期(17世紀初頭)の、いわゆる初期バロックの器楽曲には彼の作品以外にも演奏しがいのある優れた曲が多数ある。

それらの曲の中からブラスアンサンブルとして演奏して楽しめる曲を選別して、金管用にアレンジし、NABEO Music Libraryというサイトに「初期バロックシリーズ」として発表・販売している。

まだプロジェクトの途中ではあるが、その「初期バロックシリーズ」がある程度集まったので、ここでまとめて紹介しておこう。

1 バンキエリ/ファンタジア「聞け、ラッパの響き」
2 カヴァッリ/8声のカンツォーナ
3 フィアダンク/ソナタ31番「かつての喜びは」
4 マリーニ/カンツォン3番、8番
5 チェーザレ/カンツォン「バヴァーラ」「ヴィットリア」
6 ピッキ/カンツォン10番、11番、12番、13番、14番、15番
7 ブレイド/5つの舞曲
8 シュメルツァー/騎士バレエのための音楽
9 カステッロ/ソナタ16番
10 ビーバー/聖ポリカルピのソナタ
11 シュペール/「戦争物語」より6つのソナタ
12 アドソン/宮廷仮面劇のための4つのアリア
13 ダウランド/ラクリメ、または7つの涙の曲集から組曲
14 プリウーリ/6声のカンツォン1番、3番
15 プリウーリ/8声のカンツォン1番
16 シャイト/2つのモテット
17 ラッピ/カンツォン13番、15番
18 グアーミ/カンツォン24番、25番
19 ヴィアダーナ/シンフォニア「ナポリターナ」「フィオレンティーナ」「ベルガマスカ」
20 ブオナメンテ/6声のソナタ22

アレンジにあたっては、自分のこれまでの古楽器での演奏経験を踏まえて、既存の譜面とはちょっと違う味付けを試みているつもり。

ブラスアンサンブルを愛する方々、あるいは金管アンサンブルのレパートリーを探している方、有料ではありますが、ぜひご利用をご検討ください。

5-viadana-3-sinfonia-title-jpeg

サイトへのリンクはこちら

| | コメント (0)

2020/11/11

"Embarrassment"

大統領選挙でなかなか敗北を認めないトランプ氏についてどう思うかと聞かれて、バイデン氏は

"I just think that it's an embarrassment, quite flankly."

と答えた。これ(embarrassment)を日本の日本の新聞(朝日、毎日、読売、日経)やNHKは一様に

「恥ずべきこと」

と報じているが、ちょっと誤訳じゃないだろうか。

Longmanで調べて見ると、

embarrassment = the feeling you have when you are emmbarrassed とあり、
embarrassed = feeling uncomfortable or nervous and worrying about what people think of you
となっている

ランダムハウス英和大辞典だと、

embarrassment: 1. 当惑、困惑、狼狽 2. 当惑させること 3. 当惑の種

となっていて、「恥ずべきこと」というニュアンスは含まれていないように思われる。

「困ったもんだ」「厄介だ」

というくらいの意味合いではなかろうか。

「恥」という漢字には反トランプの下心があるようにも感じとられるし、マスコミが揃ってそう報じていること自体が気持ち悪い。何かそういう打ち合わせでもあるのだろうか。

I was a little bit embarrassed about it.

 

| | コメント (0)

2020/09/20

アナログの魅力

最近ヴァイナル(LPレコード)に耳を傾けることが多いのだが、やっぱりアナログにはCDやハイレゾにはない魅力があると思う。
どこがどう、と言うふうに特定できないのだけれど、音を聴くまでの手間の多さがこちらの心構えに影響しているのではないだろうか。
何かいつのまにか失ったものを取り戻している気分にもなるのだ。

昨年度、アメリカではCDよりもレコードの売り上げの方が多くなったのだとか。なんか納得できる気がする。

 

| | コメント (0)

2020/09/16

パンク

駐輪場を探して吉祥寺のサンロードを走っていたら前輪に異変が。

見て見ると白いピンバッジが見事に刺さっていた。誰だよ、こんなの歩道に落としたのは。

水曜で近所の自転車屋さんが皆定休日だったのも不運だった。

Img_20200916_142119 Img_20200916_142107

 

| | コメント (0)

2020/09/03

(CCD340)17th Century Sacred Music in Wroclaw(Concerto Palatino)

Ccd340a

17th Century Sacred Music in Wroclaw

Concerto Palatino
Wroclawa Baroque Orchestra

<contents> (with cornetto only)

1. Dum esset rex (Asprilio Pacelli)
2. Concerto secondo (Adam Jarzebski)
4. Sonata per l’organo, cornetto (Biagio Marini)
7. Sonata a5 (Giovanni Valentini)
8. Jauchzet dem Herren alle Welt (Paul Schaffer)
9. Der Herr gebe euch vom Tau des Himmels (Tobias Zeutschner)
15. Heilig ist der Herre Zebaoth (Martin Mayer)

<player information>

cornetto: Bruce Dickey, Gawain Glenton

with:Stephan MacLeod (conductor)
Simen Van Mechelen, Claire Maclntyre, Charles Toet, Joost Swinkels (sackbut)
Gli Angeli Geneve, Wroclaw Baroque Orchestra

<recording information>

Label: Claves CD50-1805
recording: 2016  Wroclaw (Poland)

go to Cornetto CD Index

| | コメント (0)

2020/09/02

(CCD339)Stefano Bernardi / Lux Aeterna (Concerto Scirocco)

Ccd339-bernardi

Stefano Bernardi
Lux Aeterna - Ein Salzburger Requiem

Concerto Scirocco

 

<contents> (with cornetto only)

Stefano Bernardi (1577-1637)

1-8. Missa pro defunctis
9. Sinfonia terza concertata
10. Ad te, Domine
11. Sinfonia quarta concertata
13. Sinfonia seconda concertata
14. De profundis clamavi a te, Domine

 

<player information>

cornetto: Pietro Modesti

with: Stefano Rossi (vn), Susanna Defendi, Catherine Motuz, Nathaniel Wood (sackbut), Michele Vannelli (organ), etc.
Voces Suaves

<CD information>

Label: Arcana A470
Recording: 2019  Rheinfelden (Switzerland)

go to Cornetto CD Index

| | コメント (0)

(CCD338)Picchi / Canzoni da sonar (Concerto Scirocco)

Ccd338a Ccd338b

Giovanni Picchi
 - Canzon da sonar con ogni sorte d'instromenti

Concerto Scirocco

 

<contents> (with cornetto only)

Giovanni Picchi (1572-1643)

6. Canzon Sesta
7. Canzon Settima
11. Canzon Unadecima
12. Canzon Duodecima
13. Canzon Decima Terza
14. Canzon Decima Quinta
17. Canzon Decima Settima
19. Canzon Decima Nona

<player information>

cornetto: Pietro Modesti, Helen Roberts

with: Alfia Bakieva, Ana Liz Ojeda (violin), Amelie Chemin (viola da gamba), Luca Bandini (violone), Claire Mclntyre, Susanna Defendi, Nathaniel Wood (sackbut), Giulia Genini (dulcian), Priska Comploi (recorder), Giovanni Bellini (theorbo), Michele Vannelli (organ, cembalo)

<CD information>

Label: Arcana A476
Recording: 2018 Carona (Switzerland)

go to Cornetto CD Index

| | コメント (0)

(CCD337)Giovanni Croce (Concerto Scirocco)

Ccd337a Ccd337b

Croce
 - Motetti & Sacrae Cantiones

Concerto Scirocco

<contents> (with cornetto only)

1. Motet, Omnes gentes (Giovanni Croce)
2. Canzon Decimaquarta (Giovanni Picchi)
4. Motet, Percussit Saul mille (Giovanni Croce)
7. Canzon terza a4 (Giovanni Gabrieli)
8. Motet, Ornaverunt faciem templi (Giovanni Croce)
11. Canzon terza a6 (Giovanni Gabrieli)
12. Motet, Virgo decus nemorum (Giovanni Croce)
13. Canzon Settimadecima (Gioseffo Guami)
14. Hodie completi sunt (Giovanni Croce)
16. Motet, Quaeramus cum pastoribus (Giovanni Croce)

<player information>

cornetto: Pietro Modesti

with: Giulia Genini (director), Johannes Frisch (vn), Claire Mclntyre, Nathaniel Wood (sackbut), Francesco Saverio Pedrini (organ), etc.
Voces Suaves

<CD information>

Label: Arcana A439
Recording: 2017 Mantua (Italy)

go to Cornetto CD Index

| | コメント (0)

2020/09/01

(CCD336)Chamber Vespers (The Gonzaga Band)

Ccd336a Ccd336b
Chamber Vespers
Miniature Masterpieces of the Italian Baroque
The Gonzaga Band

< Contents > (with cornetto only)

1. Domine ad adiuvandum (Orazio Tarditi)
3. Sonata per cornetto (Giovanni Paolo Cima)
4. Psalm II. Laudate pueri (Giacomo Finetti)
6. Psalm III. Laetatus sum (Francesco Petrobelli)
10. Psalm V. Lauda Jerusalem (Natale Monferrato)
11. Sonata sopra Sancta Maria (Archangelo Crotti)
12. Hymn. Ave maris stella (Giovanni Felice Sances)
13. Canticle. Magnificat (Adriano Banchieri)
14. Regina caeli (Maurizio Cazzati)

< Player information >
cornetto: Jamie Savan, Gawain Glenton
with: Faye Newton (soprano), Clare Wilkinson (mez-sop), Richard Sweeney (theorbo), Steven Devine (cembalo, organ)

 

< CD information >
Label: Chandos CHAN 0782
Recording: 2010  London (England)

 

| | コメント (0)

(CCD335)Sacred Garland (The Gonzaga Band)

Ccd335a Ccd335b
Sacred Garland
Devotional Chamber Music from the Age of Monteverdi

The Gonzaga Band

< Contents > (with cornetto only)

1. Spargite flores (Nicolo Corradini)
2. Venite, sitientes ad aquas (Claudio Monteverdi)
3. Pulchra es amica mea (Palestrina/ Francesco Rognoni)
6. Nigra sum (Tarquinio Merula)
8. O gloriosa Domina (Ignatio Donati)
10. Canzona “La Bernardinia” (Girolamo Alessandro Frescobaldi)
12. Tulerunt Dominum (Benedetto Re)
13. Canzona “La Capriola” (Girolamo Alessandro Frescobaldi)
15. Congratulamini (Archangelo Crotti)
17. Gaudeamus omnes (Tarquinio Merula)

< Player information >
cornetto: Jamie Savan
with:Faye Newton (soprano), Richard Sweeney (theorbo), Steven Devine (cembalo/organ)

< CD information >
Label: Chandos CHAN 0761
Recording: 2008  Toddington (England)

| | コメント (0)

2020/08/22

初心者のためのナチュラルトランペット案内

ITG(International Trumpet Guild)が僕の訳した記事をフリーアーティクルということでHPに掲載してくれている。
元々の文章は米国のElisa Koehler 氏が2002年3月にITGに投稿したもの。

場所はこちら

https://www.trumpetguild.org/journal/freebies

中身はPDFでここに添付しておこう。

beginnersguidetonaturaltrumpetjapanesetranslation.pdf

 

 

| | コメント (0)

2020/08/11

猛暑日サイクリング

長かった梅雨が明けて本格的夏到来。

今日は東京も猛暑日だった。午後遅めの時間から多摩川沿いにサイクリングをして汗をかく。

Img_20200811_174058

いつもより足を伸ばして羽田空港まで行く。本当は滑走路手前の公園まで行きたかったのだが、時間がなくなってきたのと久しぶりに乗って右膝がくたびれてきたこともあり、天空橋のあたりで引き返すことにした。

Img_20200811_173352

多摩川のサイクリングロードは東京側も川崎側もところどころ車道に出なくてはいけなくてそれがちょっと不満だ。

| | コメント (0)

2020/07/27

うぬぼれ

落語の古今亭志ん生の語録に次の一節があった。

=========

 うめいとか、うまくねえとか他人(しと)のやってるのをきいて、そういうことを言うについちゃァ、別にモノサシがあるわけじゃァありませんが、まァ、他人の噺ィきいてみて、「こいつァ、俺よりまずいな」と思ったら、まず自分と同じくらいの芸ですよ。

 人間にゃ誰にだって多少のうぬぼれがありますからね。

 「俺と同じくれえかな」と思うときは、向こうのほうがちょいと上で、

 「こいつァ、俺より確かにうめえや」と感心した日にゃァ、そりゃァもう格段の開きがあるもんですよ。

=========

真理をついていて耳が痛い。

| | コメント (0)

2020/06/25

やれやれ

数年温めていた懸案事項をやっと片付けることができた。
目論見通りに進展できればいいのだけれど。

| | コメント (0)

2020/06/23

新たな発見

フンメルのトランペットコンチェルトについて、今日また新たな発見をしてしまった。いや、発見というよりは仮説に過ぎないが。

具体的になに、ということはまだ明かせないが、こういうことがあるととても興奮してしまう。

| | コメント (0)

2020/06/01

(おまけ)クラシカルトランペットを手に入れるには

ロマン派のレパートリーについて俯瞰した結論が、「ロマン派を吹くにはその時代の楽器が一番」と言っておきながら、肝心の楽器について何もコメントしてないのは片手落ちというもの。古典派およびロマン派初期のレパートリーをカバーするピリオド楽器の入手法についてコメントしておこう。

クラシカルのナチュラルトランペットはいわゆるインベンショントランペットというタイプだ。マウスパイプサイドにクルークをつけて複数の調を吹き分けることができ、通常は上はFから下はBまでのクルークを備えているので1本あれば大抵の曲に対応できる。ただし、バロックトランペットとは異なり、音程を補正するためのvent holeがついていないので、第11倍音のFの音程を調整するには、ベルに手をかざすハンド奏法なり管をスライドさせるなりのテクニックが必要となる。

現在入手しやすいものとして以下の3つのメーカーがある。

Egger Instruments
  Romantic Trumpets として Invention Trumpet を作っている。
  クルークはFからBまで(440と430)、必要なものだけ選ぶことができる
  モデルは1856年のAntoine Courtois
   Courtois_invention

Michael Münkwitz
  クルークは F, E, Es, D, C, B が標準装備
  モデルは1860年頃の Carl Missenharter
   Klassischeorchestertrompete1

Frize & Marques
  クルークはGからBまで標準装備(G管があるのはここだけ)
  モデルは1800年のRaoux
   Trompette4small

販売店としてはEggerであればアメリカのThe Baroque Trumpet Shopが取り扱っているし、
Münkwitzのモデルは湘南のコースタルトレーディング、あるいは新大久保のDACで手に入れることができる。
Frizeに関しては直接メールでオーダーが可能だ。

HPを見るとEggerはクラシカルのペリネバルブのトランペット(長管)も製作・販売しているようだ。ここまで行くと相当なオタクだけど。

   Courtois_perinet

| | コメント (0)

«ロマン派の曲はどこまでナチュラルトランペットで吹けるか(「ロマン派のレパートリーについて」目次)