« COVID-19について(その5) | トップページ | CDその241 Handel / Messiah (Le Concert Spirituel) »

2020/04/26

エベーヌ四重奏団のベートーヴェン

数年前にメンデルスゾーンの2番のCDを聴いて衝撃を受けて以来、今一番気になっているカルテットがフランスのエベーヌ四重奏団。

今年のベートーヴェンイヤーを前にして昨年世界各地で演奏したベートーヴェンのライブの全集がまもなくリリースされることになっている。いや、正確には先行してラズモフスキーの1番と2番(2019年6月、ウィーン)が出ていてこれはもう入手済み。あとは全集待ち、と思っていたらナクソスライブラリーには7月のサントリーホールでのラズモフスキー3番と13番(大フーガ付)が単体で出ていたのでさっそく聴いてみた。

相変わらず緩急自在な見事なアンサンブルで、ライブならではのただならぬ緊張感に満ちている。1stのColonbet氏の息遣いがライブの雰囲気をさらに増幅するので、こちらも会場にいる気分になって、引き込まれて最期まで一気に聴いてしまった(実はラズモフスキーと13番の間でちょっと休憩したけど)。

全集のCDは先にも書いたように昨年の5月から今年の1月まで、世界の7ヶ所で行ったツアーの記録なのだが、もしこのスケジュールが半年でも遅かったら完成はしなかっただろう。今年NYのカーネギーホールで全曲演奏会が予定されていたようだが、当然これも消えてしまったわけだね。

190295339814

|

« COVID-19について(その5) | トップページ | CDその241 Handel / Messiah (Le Concert Spirituel) »

コンサート・CDなどの感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19について(その5) | トップページ | CDその241 Handel / Messiah (Le Concert Spirituel) »