« 2021年3月 | トップページ

2021年4月

2021/04/28

Bruce Dickey のインタビュー


先日、HBS (Historic Brass Society) がオンラインで開催した、コルネットの第一人者Bruce Dickey へのインタヴューがYouTubeで公開されている。(リンク先はこちら

司会はトランペット奏者かつHBS役員のStanley Curtis。
100分を越す長さなので全部を見るのは大変という人向けに、僕が見て面白かったところをかいつまんで紹介しよう。


インタヴューはまずBruce Dickeyのコルネット奏者としてのこれまでの経歴や音楽活動の話から始まるが、40:00くらいからリサーチの話題に移る。

 コルネットが活躍していた17世紀から現存するオルガンなどの楽器、アーカイブスに残っている当時の楽譜、これらの現物に直接触れてその匂いを嗅ぎ、当時の奏者や作曲家に思いを馳せる(インスパイアされる)ことの重要性は大きい、とBruceは言う。これははるか東洋に暮らしている我々には叶わない贅沢だけれども、実際自分の体験でもそう思う(チェコのクロムニジューシュでビーバーやシュメルツァーの譜面を見たときの感動は忘れられない)し、同様の思いをした方は多いだろう。Bruceは「いつも夢見ているんだけど、1610年か1608年頃のヴェニスのサン・マルコ寺院にタイムスリップして、20分でいいから当時の演奏が聴けたらどんなにかいいだろう。多分すごい面食らうだろうけどね」とも言っている。それができないから、いろんな資料や材料をパズルのピースのようにつなぎ合わせて当時を再現する、その飽くなき好奇心がとても大事だということだね。


1:05:00 - バロック演奏のアーティキュレーションについて。
 モダン奏法の代表例として、まず古楽奏法という概念がほとんどなかった時代の(かの有名な)アメリカ3大メジャーオケによるジョバンニ・ガブリエリのCanzon primi toni の演奏(1968年)を紹介し、続いて、近年では同じ曲の同じモダン楽器の演奏でありながらも古楽らしい演奏がなされるようになった例として、なんと日本の松ヶ丘女子高の演奏(2017年のアンサンブルコンテスト)が引用されている。Bruceはfabulousと言って絶賛しているが、実際素晴らしい演奏だと思う。

1:09:00 - コルネット演奏の究極の形は声楽を模倣すること。
 A.ガブリエリのCaro dolce ben mio (オルガン伴奏のコルネットソロ)や最近のBreathtakingのCD(ソプラノのハナ・ブラジコヴァとの共演)などのBruceの演奏を聴きながら、同時に楽譜を参照しつつ、イタリア語をいかに音に載せるか、声楽を模倣するとはどういうことかの実例を示してくれる。とてもわかりやすい。

1:21:00 - Q&A タイム
 参加者からいくつか質問があるが、1:25:00あたりにコルネットメーカーについての質問に対して、Bruceは以下の通り回答している。
「今は北米にもヨーロッパにも多くの優れたメーカーがある。例えば、
- Matthew Jennejohn(カナダ、モントリオール)
- Paolo Fanciullacci(イタリア)
- Selge Delmas(パリ)
- Damien Bandonnet(リヨン)
- Andrew Hallock(オランダ)
- Sam Goble(ケンブリッジ)
- Ricardo Simian(バーゼル)
なんかかな。
Ricardoは3Dプリンターで楽器を作っているけれど、ちゃんと使い物になる。サイトからも注文できるし」

なるほど。僕も知らないメーカーがいくつかある。

 以上の他にもコルネット吹きには興味深い話がたくさんあるので、時間のある方は全編ご覧になることをおすすめします。

| | コメント (0)

2021/04/12

記事が溜まってきた

ナチュラル/バロックトランペットCDのレビュー、久しく更新してなかったからだいぶ溜まってきている。
そろそろ手をつけないといけないかな。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ