カテゴリー「自転車のある生活」の14件の記事

2020/09/16

パンク

駐輪場を探して吉祥寺のサンロードを走っていたら前輪に異変が。

見て見ると白いピンバッジが見事に刺さっていた。誰だよ、こんなの歩道に落としたのは。

水曜で近所の自転車屋さんが皆定休日だったのも不運だった。

Img_20200916_142119 Img_20200916_142107

 

| | コメント (0)

2020/08/11

猛暑日サイクリング

長かった梅雨が明けて本格的夏到来。

今日は東京も猛暑日だった。午後遅めの時間から多摩川沿いにサイクリングをして汗をかく。

Img_20200811_174058

いつもより足を伸ばして羽田空港まで行く。本当は滑走路手前の公園まで行きたかったのだが、時間がなくなってきたのと久しぶりに乗って右膝がくたびれてきたこともあり、天空橋のあたりで引き返すことにした。

Img_20200811_173352

多摩川のサイクリングロードは東京側も川崎側もところどころ車道に出なくてはいけなくてそれがちょっと不満だ。

| | コメント (0)

2020/04/16

感傷的自転車散歩

自転車に乗るようになると行動範囲が広がる。

もちろん電車を使った方がより早く遠くに行けるのは間違いないけれど、自転車での行動範囲の広がり方はそれと違って、より気軽にかつエリアで広がっていくところがいいところだ。つまり、電車だと先に目的地を決めてそこへ点から点へと向かう(従ってその途中過程はパスすることになる)のだが、自転車だと特に目的地を決めなくてもスタートできるし、出た後で気のおもむくままに方向を変えられる自由がある。そしてその動線自体が自由だし寄り道も気軽にでき、それまで知らなかった場所やお店、街と街の距離感なども新たな発見となる。

もう一つの楽しみ方が、昔馴染みの場所の再訪問だ。つまりかつて住んでいたところとか、よく通った場所とか。電車ではあえてそんなところを目的に出かけないが、自転車だとふらっと寄れる。そして数年ではそんなに変わらないけれど、さすがに数十年ぶりだといろんな変化があるものだ。

去年自転車を買い替えてからもそんな場所をいくつか訪れたりしている。

・上京して最初に住んでいた下宿(三鷹市) → 区画整理されてて跡形もなし。どのお家だったのかももうわからない。
・大学生活後半に住んでいた下宿(国立市) → 大家さん代替わりして家を建て直し。もう下宿はやってないようだ。
・大学生の一時期の家庭教師先(世田谷区) → 区画整理で大きなマンションになってた。
・同じ頃に付き合ってた彼女の寮(渋谷区) → なくなって今はとある会社の本社ビルに
・大学卒業後数年居住したアパート(大田区)→ 建物は建て替えられたが今も貸しアパートだ。ただ名称は変更されている。
・結婚後数年住んでいたアパート(杉並区) → ビルは健在。アパートもそのままだったが、大家のパン屋さんがフィットネスジムに。

こういうところに久しぶりに行くとつい感傷的な気分になってしまう。と同時に過ぎ去った年月の長さに驚く。

昨日は杉並のアパートまで行ったついでに近くにお住まいだった大学の時の指導教授(もう物故された)のお宅に寄ってみようと思ったのだが場所を見つけることができず。出来の悪い生徒だったから1、2度しかお邪魔したことなかったからなあ。

代わりに大田黒公園を散歩して帰って来た。

Img_20200415_095824 Img_20200415_100101

| | コメント (0)

2020/04/10

国立へ

Img_4870

国立駅の旧駅舎が復活したというので会いに行ってきた。
(コロナ禍で駅舎が閉鎖中のため中には入れず)

大学通りはもう桜のピークは過ぎていたものの、葉桜も悪くない。それに花壇も綺麗に手入れされていた。

Img_4862 Img_4865 

先日NHKで放映されていた白十字に寄って記念のスイーツなど購入。

Img_4856 Img_4854 Img_4875

国立へ行く途中には小平の旧教養課程キャンパスにも寄ってみた。一橋学園駅とか大学のとき以来かも。今は小平国際キャンパスという名称になっていて放送大学やその他の独立行政法人とシェアしているんだね。

Img_4846 Img_4848 Img_4850 Img_4852

玉川上水沿いの道(五日市街道)はサイクリングしてても気持ちが良い。

Img_20200408_130114
(一橋から津田に向かう、いわゆる「ラバーズ・レーン」。僕にはついぞ縁がなかったけど)

国立からは南に下りて多摩川のサイクリングロードをひた走り。
ところが和泉多摩川駅を過ぎたあたりの舗装されていない砂利道で後輪がパンクしてしまった。あいにくパンク修理セットを持ち合わせてなかったので、うちまで残りの5kmは歩いて帰る羽目に。

Img_20200408_141458 Strava7513837448331187742

大きくコースを取ったおかげで、井の頭公園、小金井公園、国立大学通り、多摩川土手、砧公園と様々なところで桜を見ることができた。
今年はこれで見納めかな。

| | コメント (0)

2020/04/02

花嵐

Img_20200402_073747 

例年のことではあるものの、今年も三月の半ばにすごくあったかい日が続いて「ああ、早めに桜が開花したな」と思っていたら、それから花冷えになってしまった。
先週は天気も良くなくて、寒くて曇りの日が続いていたのだが、先日の日曜日(3/29)には雪まで降って積もるという悪天候。

そんな状態を表す「桜隠れ」という季語があるんだそうだ。風流。

昨日は雨が降って「花流れ」の日だったが、今日は一転快晴、でも風が強い。
こんな日を「花嵐」と呼ぶらしい。
日本語は豊かだね。

風は強くてもお天気に誘われていつものコースをポタリングした。

新型コロナウイルスで Stay Home が励行されてはいるが、戸外を自転車で時速15〜20kmで走るぶんには構わないよね。

Img_20200402_081558

写真その1は多摩川土手、その2は呑川緑道にて

| | コメント (0)

2020/03/19

Dahon 定期点検

もうポカポカ春の陽気。

こんな日は出かけないともったいないので、うちのDahonの定期点検に桃井の和田サイクルまで往復。

購入の時からずっと若旦那(誠さん)のお世話になっている。

20200319wada

「ギアもOKだしチェーンも伸びてないから大丈夫ですね。また定期的に来てください」

と言われて一安心。

それにしてもいつも赤堤通りで道を見失ってしまう(行きも帰りも)のはどうしたことだろう。

Strava20200319

 

| | コメント (0)

2019/12/06

糸島サイクリング

法事で帰省したついでに糸島半島をサイクリングした。

Img_3598 Img_3599

博多から電車で西に約40分。筑肥線の筑前前原(ちくぜんまえばる)駅で下車。駅前に市の観光協会があって自転車を貸し出してくれる。ヘルメットもついて一日1,500円。便利だし安い。またGIANTのクロスバイクなのが嬉しいところ。

Img_3601 Img_3602 Img_3617

小さい頃には見慣れていた風景だが最近はすっかりご無沙汰。半島の海岸沿いを時計回りに走る計画だ。

Img_3606 Img_3609 Img_3611  Sirahamaya_20200323143001

海沿いの漁港には牡蠣小屋が並んでいる。そこからちょっと離れた浜焼き白浜屋という店でランチにした。
牡蠣は自分で焼く。冬の福岡はブリの刺身が美味い。

Img_3612 Img_3615 Img_3625 Img_3619

趣のある神社がそこかしこにある。海岸線に沿って走ると夫婦岩があった。
後半は上り坂があって結構キツい。が、GIANTのギアの多さにまた助けられた。

Img_3633 Img_3632

九州大学は糸島に移転していた。左が正門で右は講堂。

Strava718110028849472351

後半はバテてしまった。地図右上で途中まで伸びているのは、実は九大までショートカットしようとして登り道にめげて引き返した跡。やや情けなし。
観光協会に自転車を返却したのちに、近くにあったスパ(伊都の湯どころ)に行って汗を流してさっぱりとした。
糸島、粋な趣味の店などもありなかなかに良い場所だった。今度は一度夏に来てみたい。

| | コメント (0)

2019/11/29

東京ゲートブリッジを渡る

天気が良かったので前から気になっていた海の森水上競技場を見に湾岸を自転車散歩。

行程としては新木場まで輪行→若洲公園→ゲートブリッジ→海の森水上競技場→葛西臨海公園→舞浜。

Img_2682 Img_2686 Img_2683 Img_2693

新木場で自転車を組み立て。若洲公園はサイクリングロードが整備されていて気持ち良い。対岸に舞浜のホテル群が見える。
公園にはレンタサイクルもある。

Img_2690 Img_2703 Img_2708 Img_2706

やがてゲートブリッジの威容が見えてきた。恐竜にしか見えない。
東京ゲートブリッジは全長2,618m。広い歩道が片側(陸側)にだけあるのだが、残念ながら自転車の走行は禁止されている。
ただし、レインボーブリッジとは違って眺めを遮るものがなく、最も高いところは海上60mくらいあるので最高に気持ちが良い。

Img_2704 Img_2705 Img_2707

橋の歩道を行き着いた先、右手に水上競技場が見えてきた。なんか味気のない建物。
歩行者が行けるのはここまで、つまり橋を歩いて渡りきることは現在のところできないように通行止になっている。
しかもこの競技場がある中防(中央防波堤)にはエレベーターがあるのだが、これも使用禁止になっていて、歩行者はきた道を戻ることしかできない。

Img_2713 Img_2717 Img_2721

若洲公園サイクリングロードを戻り、葛西臨海公園、浦安の舞浜、運動公園まで足を延ばしてあとはまっすぐ帰宅。

Strava2127583699242156805

この地図のオレンジライン、一番下のところがゲートブリッジ、引き返した地点。
ここをまっすぐお台場まで行ければ近いのだが、やむなく遠回り、長距離になってしまった。

| | コメント (0)

2019/08/23

1000キロ達成

Img_20190823_180936

5/13にDahonを購入、5/19にサイクルコンピュータ(走行距離などを記録するもの)を装着してから約100日。

今日オフィスからの帰りがけ、表参道で1000kmを記録。

| | コメント (0)

2019/08/11

志賀島サイクリング

博多湾に浮かぶ志賀島をぐるっと一周。
島とは言っても砂州で本土とは繋がっているので市内から自転車でそのまま行くことができる。

Img_2417 Img_2420 Img_2421

レンタサイクルやは中洲川端駅からほど近く。ここの自転車はTGCTでいつも使っているTokyo Bikeなのも嬉しい。
iPhoneも載っけて音楽を聴きながら(ちゃんと周囲の音も聞こえる骨伝導イヤフォンを使用)ポタリングを楽しむこととした。

Img_2427 Img_2432 Img_2439

島への途中、筥崎宮(はこざきぐう)、九州大学箱崎キャンパス、建設中のアイランドシティなどを経由する。この九大キャンパスに来るのは入試を受けた45年ぶり(落ちたからそれっきりになった)。時は移って大学そのものはもう西の糸島に移転してる。

Img_2442 Img_2447

島は海の中道と呼ばれる砂州で本土とは陸続きだ。やがて前方に志賀島が見えてきたが、所々歩道にかぶっている砂でハンドルを取られそうになった。

Img_2450 Img_2455 Img_2456

島は一周10km、海水浴場やキャンプ村などがあってレクレーションには最適。

Strava714566464698687752

島を回る距離よりもそこまでの往復だけで結構な距離になってしまった。

 

| | コメント (0)